読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルオキシソーム病の家族の日記

本ブログは、ペルオキシソーム病について知ってもらうためのブログです。

海外旅行 ロンドン〜パリ 〜乗り物編〜

f:id:lanfami:20170417123833p:imagef:id:lanfami:20170417123846p:image

 

春休みに、子供達をつれて初めてのヨーロッパ旅行に行きました。車椅子での海外旅行は初めてで、移動手段やホテルの手配などで、バリアフリー対応が必要だったので、往復の飛行機とロンドンからパリへのユーロスターのチケット、それからホテルの予約はHIS本店のバリアフリー旅行に詳しい窓口にお願いしました。

 

飛行機での移動は国内で帰省のときの経験とそれほど変わりはありません。ヒースロー空港に着いたとき、本当は出口に本人の車椅子が来ていることだったのに、他の荷物と同じ扱いになっていて、そこまでは空港で用意された車椅子を使う必要があった、というくらいです。

 

問題はユーロスターに乗るときに起きました!

HISでは、「車椅子の搭乗者を含む4人」で予約してくれていたのに、現地でそのように手配されていなかったのです!

「車椅子を降りて数百メートル歩けるか?」「むりですー」というやり取りの後、結構長いこと待たされて、車椅子席とその付き添い席のチケットを出してくれました。特別に発行してくれたのは2人分だったので、らんらんのお手洗いの都合もあり、男チームと女チームに分かれて搭乗。もともと用意したいたのは二等車でしたが、らんらんと私は一等車(ラッキー)。車内食もでて、素敵な旅を満喫しましたよ。

ユーロスターの中は、お手洗いも車椅子仕様でした!

f:id:lanfami:20170417125405j:imagef:id:lanfami:20170417125441j:imagef:id:lanfami:20170417125525j:imagef:id:lanfami:20170417125603j:image

 

現地での移動はもっぱらバスが便利でした。ロンドンもパリも、スロープが自動ででる仕組みだし、車椅子やベビーカーのスペースが最初から用意されているので、乗り降りでいちいち運転手さんの手を煩わせることもありません。乗客の人達もそれが日常といった雰囲気で、こちらがアタフタしていても平然と対応していました。バスが便利と

f:id:lanfami:20170417130817p:imagef:id:lanfami:20170417130849p:imagef:id:lanfami:20170417130916p:imagef:id:lanfami:20170417130940p:image

 

素晴らしかったのはロンドンタクシー。大きめの車両は、スロープを使って車椅子のまま乗車できます。世界中のタクシーがロンドンタクシーになればいいのに(^^;

f:id:lanfami:20170417175325j:image

 

ロンドンでは、船も大事な移動手段!テムズ川を上り下りする船もバリアフリーのものもあり、快適に移動することができました。

f:id:lanfami:20170417175707j:image

 

地上の乗り物は快適でしたが、地下鉄は厳しいです。エレベーターのない駅もあるし、あってもその時間(どういうわけだか)エレベーターを動かしていない、なんてこともありました。

ロンドンで痛い目にあっていたので、パリではそもそも地下鉄利用を諦めました。

 

乗り物編は以上です。

このあと、食べ物編、建物編を予定しております。